お知らせ

メニュー

全自動免疫測定装置用消耗品成型不良について

当院臨床検査部免疫検査室で使用している全自動免疫測定装置コバスe801(ロシュ・ダイアグノスティックス株式会社)に用いる消耗品の一部に製造上の不具合による成型不良が報告されました。具体的内容、対応および対象項目につきましてご案内いたします。

内容

全自動免疫測定装置コバスe801 用の消耗品「エクルーシス アッセイカップ/チップG2」(以下チップ)の一部に成型不良が確認され、測定結果へ影響を与える可能性があるとの報告を受けました。チップの成型不良により検体分注の際、サンプルプローブに適切に装着されない場合があり、検体量が適正に吸引されず測定結果が低値化する可能性があります。その確率は約0.01%であり、測定結果の低値化の度合いは、成型不良の程度等により異なるため予測が困難であるとの報告がありました。

検査項目および期間

該当検査項目該当期間
外注検査成長ホルモン(GH)2018年11月1日~
2019年6月30日
トリヨードサイロニン(T3)
サイロキシン(T4)
Ⅰ型プロコラーゲン-N-プロペプチド(totalP1NP)
25OHビタミンD
IGF-1(ソマトメジンC)
オステオカルシン
該当検査項目該当期間
外注検査カルシトニン2019年6月1日~
2019年6月20日
神経特異的エノラーゼ(NSE)
CA72-4
該当検査項目該当期間
院内検査フェリチン2018年11月31日~
2019年1月31日
αフェトプロテイン(AFP)
CA125
CA15-3
CA19-9
癌胎児性抗原(CEA)
前立腺特異抗原(PSA)
遊離PSA(F-PSA)
副甲状腺ホルモン関連蛋白intact(PTH-int)
扁平上皮癌関連抗原(SCC)
NTProBNP
テストステロン
インスリン
エストラジオール(E2)
黄体形成ホルモン(LH)
卵胞刺激ホルモン(FSH)
プロゲステロン
プロラクチン
遊離トリヨードサイロニン(FT3)
遊離サイロキシン(FT4)
甲状腺刺激ホルモン(TSH)
サイログロブリン(Tg)
抗サイログロブリン抗体(TgAb)
抗甲状腺ペルオキシダーゼ抗体(TPOAb)
TSHレセプター抗体(TRAb)
コルチゾール
ヒト絨毛性ゴナドトロピン(HCG)
トロポニンT
AMH
副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)

当院としての対応

該当する患者さんおよび検査項目を特定することはできませんが、該当期間に該当する検 査項目の測定が当院において、あったかどうかをお調べすることはできます。確認をご希望 される方は、お手数をおかけいたしますが、【メールアドレス】宛先へ、以下の情報をご記 入のうえご連絡ください。
  • お名前(フリガナ)
  • 返信用のメールアドレス
  • 診察登録カードナンバー(診察券番号)
【メールアドレス】
omori-grm■ml.toho-u.jp

※スパムメール対策のため、@を■に変えてあります。
 メールを送信するときは、■を@に戻してから送信してください。

お問い合わせについて

  • お問い合わせには原則としてメールでお答えします。
  • 状況により、時間がかかる場合があります。
  • 上記測定について以外のお問い合わせは、お返事を差し上げない場合があります。
  • 個人情報に対するお問い合わせ、商業目的などのお問い合わせはご遠慮ください。

お問い合わせいただく際の個人情報の取り扱いについて

お問い合わせいただいた際に取得した個人情報は、1年経過した後に消去いたします。その間、お問い合わせいただいた利用者ご本人から、内容の開示依頼、また訂正・削除依頼があった場合には、合理的な範囲内で速やかに対応いたします。