お知らせ

メニュー

NICU/GCUにおける、MRSA発生と新規入院の制限について

 当院のNICU(新生児集中治療室)、GCU(新生児強化治療管理室)においてMRSA(メチシリン耐性黄色ブドウ球菌)保菌者が継続的に発生しており、種々の感染対策に取り組んでおります。今回、NICUに入室した重篤な疾患のためお亡くなりになられた早産児からMRSAが検出されました。東京都福祉保健局、大田区保健所のご助言のもとに、感染防止対策の一層の強化に努めております。
 今後は、安全な体制を確保するため、NICU/GCUの新生児搬送、母体搬送の受け入れを一時的に停止させて頂くことになりました。
患者さん、ご家族の皆様、地域の皆様および他の医療機関の方々に多大なご迷惑をお掛けいたしますことを深くお詫び申し上げます。
 NICU/GCUの入院受け入れを再開できるようになりましたら、あらためてお知らせさせていただきます。
平成31年4月26日
東邦大学医療センター大森病院
病院長 瓜田純久