診療科・部門のご案内

内視鏡部

診療内容・特色

東邦大学医療センター大森病院の中 央診療部門のひとつとして、消化管 (食道、胃、十二指腸、小腸、大腸) および胆道(胆管、胆嚢)・膵臓の消化管内視鏡およびレントゲン造影検査と気管支鏡による診断と治療を行っています。

上部消化管内視鏡(食道、胃、十二指腸)は、通常は経口内視鏡を施行しています。経鼻内視鏡を1 日3 例ほど施行しています。希望者には鎮静剤を使用して1 日3 例ほど内視鏡検査 を行います。

下部内視鏡(大腸)は、鎮痛剤や鎮静剤を使用して施行しています。

小腸の検査はカプセル内視鏡で行い、病変が認められた時には、 バルーン式小腸鏡を行っています。

超音波内視鏡は、外来で鎮静剤を使用して施行しています。

ERCP(膵管胆管造影)は、入院で施行しています。

気管支鏡は、呼吸器内科で入院で施行しています。

スタッフ紹介

診療部長 五十嵐 良典 診療部長 五十嵐 良典
氏名 職名 専門領域
五十嵐良典 教授 院長補佐
消化管・膵胆道疾患の診断・治療
鏡 哲 助教 消化管の診断・治療
大塚隆文 助教 膵胆道疾患の診断・治療
伊藤 謙 助教 膵胆道疾患の診断・治療
岸本有為 助教 膵胆道疾患の診断・治療
牛込充則 助教 消化管の診断・治療

診療スケジュール

曜日 午前 午後
GS
CS
MDL
注腸
CS
EUS(消化管)
GS
CS
GS
CS
EUS(胆・膵)
ERCP
GS
CS
CS
ERCP
治療内視鏡
EUS(消化管)
PTCD
GS
CS
CS
ERCP
治療内視鏡
EUS(胆・膵)
PTCD
内視鏡検討会(夕方)
GS
CS
MDL
注腸
CS
GS
CS

内視鏡室

診療実績

X線透視

X線透視 2016年
上部 504
注腸 299
小腸 73
ERCP 647
PTCD 89

内視鏡

内視鏡 2016年
上部診断 6,216
上部治療 277
下部診断 2,964
下部治療 799
EUS 452
緊急 154
気管支鏡 610
カプセル内視鏡 22
バルーン式小腸鏡 10

研究

研究は内視鏡診断、治療に関連したことを行っています。
早期食道癌、胃癌、大腸癌に対する 内視鏡的粘膜下剥離術(ESD)の有用性の検討、上部消化管出血における臨床的背景、炎症性腸疾患に対する腸内細菌と胆汁酸の影響、乳頭部腫瘍に対する診断と内視鏡治療の有用性、総胆管結石症に対する内視鏡治療の有用性、胆管ステントおよび膵管ステントの開発、食道静脈瘤および胃静脈瘤に対する治療の有効性の検討などを行っています。