診療科・部門のご案内

不整脈センター

スタッフ紹介

部長 池田隆徳 部長 池田隆徳
氏名 職名 専門領域
池田隆徳 教授 循環器内科一般、不整脈学・心電図学
小林建三郎 助教 デバイス治療、アブレーション
藤野紀之 助教 アブレーション、薬物治療
福永俊二 助教 デバイス治療、アブレーション
湯澤ひとみ 助教 デバイス治療、アブレーション
鈴木健也 助教 デバイス治療、アブレーション
北原 健 助教 デバイス治療、アブレーション
シニアレジデント 2名、臨床工学技士 2名、臨床検査技師 1名

診療内容・特色

不整脈センターは、不整脈による症 状とQOL(生活の質)の改善、さら には心臓突然死の予知と予防を担う 診療部門として設置されました。不整脈の診断・治療には特殊 な技量を要とすることが多く、専門的に管理する必要があるた めです。現在、高度先端医療技術を駆使した不整脈の診断・治 療を積極的に提供しております。診断においては、循環器領域 の一般的な検査に加えて、専門的な心臓電気生理学的検査によ る診断、ティルト検査による失神の鑑別、心室遅延電位やT 波 オルタナンスなどの特殊診断装置を用いた致死性不整脈のリス ク評価を全国に先駆けて行っております。治療においても、薬 物療法のみならず、カテーテルアブレーション(心筋焼灼術)、 デバイス治療として人工ペースメーカ、体内植込み型除細動器 (ICD)手術、心臓再同期療法(CRT)手術を積極的に推進して おります。

研究

研究は不整脈の診断と治療に関連したことを行っています。これまでは、不整脈の治療に関する研究を中心に行っていましたが、不整脈センターの設立に併せて、心臓突然死の予知装置をすべて揃えました。予期せぬ致死性不整脈の早期発見および心臓突然死の予防に関する研究も推進していく予定です。また、カテーテルアブレーションのなかで最も難しいとされる心房細動アブレーションについては、熟練医がスタッフに加わり、症例数および治療成績とも大きく延ばしており、これに関連する研究も既に始まっております。
設立されて間もないセンターですが、得られたデータを世界のメジャー学会あるいは雑誌を通じて発信していく準備を着々と進めています。

主な対象疾患・病態

徐脈性不整脈、頻脈性(上室性・心室性)不整脈、さらには不整脈をきたすおそれのある疾患を取り扱っております。
具体的には、(発作性/持続性)心房細動、心房粗動、発作性上室頻拍、心室期外収縮、心室頻拍、心室細動、WPW 症候群、ブルガダ症候群、QT 延長症候群、原因不明の失神、心停止既往例、心肺蘇生既往例などです。

地域連携への取り組み

不整脈の管理に苦慮している実地医家は多いと思います。現在、不整脈センターを設置している医療機関は全国でも数施設のみであり、東京都の城南地区を含めた南関東地域では東邦大学医療センター大森病院のみとなっております。
また、地域の研究会や医師会の講演会などを通じて不整脈・心電図に関する情報提供を随時に行っております。

紹介時のお願い

不整脈センターでは、月曜日~金曜日まで毎日不整脈専門医が外来で診療に当たっています。既に大田区、品川区、目黒区、港区、世田谷区、川崎市、横浜市などから多くの患者さんを紹介していただいております。
【外来担当】月曜日・水曜日はセンター長、他の曜日はスタッフが診察いたします。

実績(手術/診療/検査)

主な治療法/診断法 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
心臓電気生理学的検査 168 190 215 239 256
カテーテルアブレーション 161 181 201 236 264
人工ペースメーカ手術 80 78 71 62 64
植込み型除細動器(ICD)手術 16 16 17 8 10
心臓再同期療法(CRT・CRT-D)手術 9 1 5 11 0
ホルター心電図 2,674 2,991 2,997 3,054 2,846
加算平均心電図 147 194 227 194 192
T波オルタナンス検査 34 57 23 36 42
ティルト検査 5 7 15 7 9
当センターには12人の不整脈医が在籍し、そのうち6人が不整脈専門医を取得しております。年間約250例を越える患者が頻脈性不整脈の根治療法であるカテーテルアブレーション治療を受けています。その6割が治療技術を要とする心房細動アブレーションです。アブレーション治療は、2011年から5年間で1,100例以上の患者さんに行われており、多くの患者さんが薬剤フリーや定期通院不必要となっております。また、デバイス治療(人工ペースメーカ、植込み型除細動器〔ICD〕、心臓再同期療法〔CRT〕)治療も年間100例以上の患者さんに行われており、特にICD、CRTの治療は年々増加傾向にあります。心臓突然死を予測する非侵襲的検査(加算平均心電図[LP]、T波オルタナンス〔TWA〕、心拍タービュランス〔HRT〕)もすべて配備しています。本センターの特徴は、近隣の施設との連携を密にしていることであり、年に3~4回「連携の会」を行い、年間1,000例以上の患者を紹介または逆紹介しております。

不整脈センタースタッフ