診療科・部門のご案内

心血管インターベンション室

スタッフ紹介

部長 池田隆徳 部長 池田隆徳
氏名 職名 専門領域
池田隆徳 教授 循環器内科一般
戸田幹人 助教 循環器内科、冠動脈インターベンション
天野英夫 助教 循環器内科、冠動脈インターベンション
村松俊哉  客員講師 循環器内科、冠動脈インターベンション
塚原玲子 客員講師 循環器内科、冠動脈インターベンション
永野登益 客員講師 循環器内科、冠動脈インターベンション
シニアレジデント 2名、レジデント 1名、臨床工学技士 3名

診療内容・特色

心血管インターベンション室は、心血管病に対するカテーテル検査およびカテーテルインターベンションに専従する診療部門です。わが国において心臓カテーテル検査を最も早い時期から開始した施設のひとつです。

当診療部門の前身である循環器診断センターにおいて1977 年より心臓カテーテル検査を開始し、1981 年にわが国で先駆的にカテーテル治療を始め、既に30 年の歴史を有しております。現在、当施設と関連病院である済生会横浜市東部病院と密な連携をとり、きわめて治療が難しいとされる症例に対しても積極かつ確実に治療し、高い信頼を得ております。

当院は東京都CCU ネットワークに加盟しており急性心筋梗塞に対する緊急心臓カテーテル検査および治療を24 時間体制で行っております。緊急カテーテル治療を行う体制を整えており、十分満足のいく成績を残しております。

近年、閉塞性動脈硬化症に対するカテーテル治療を本格的に導入し、冠動脈同様に慢性完全閉塞病変も積極的に治療しており、高い手技成功を得ております。重症虚血肢の治療も増加しており、壊疽による切断回避、切断領域の縮小に貢献しております。

研究

当室でのカテーテル検査・治療の特徴は、橈骨動脈すなわち手首からアプローチすることです。この手法の有用性について評価しています。最近では薬剤溶出ステントを使用することが多くなりましたが、その効果判定と予後評価も行っています。末梢循環障害に対してカテーテル形成術を最近では積極的に行っており、その治療効果についても評価しています。また、虚血性心疾患の治療薬として新しい抗血栓薬が発売されていますが、その効果についても評価しています。

主な対象疾患

  • 狭心症
  • 急性心筋梗塞
  • 閉塞性動脈硬化症

地域連携への取り組み

緊急性の高い患者さんの受け入れを迅速かつ適切に行うため、当院循環器内科医に直接つながる循環器内科ホットラインを開設しており、平日の日勤帯は心血管インターベンション室医師が対応致します。夜間当直帯は循環器内科当直医が対応し、全ての時間帯で虚血性心疾患のみならず循環器救急疾患に対し幅広く受け入れ要請にお応えできる体制となっております。

地域連携行事

虚血性心疾患勉強会を年数回開催しており、ご紹介頂きました患者さんの症例提示を含め、最新の虚血性心疾患診療についてご紹介しております。

紹介時のお願い

心血管カテーテル検査を依頼する場合は地域医療支援センターのパートナー経由でご紹介ください。緊急時は循環器内科ホットライン(03-5763-6690)あるいは救急隊要請によりCCU ハートラインをご利用ください。他院でカテーテル検査・治療を経験し、その後のフォローでお困りな場合、あるいは複雑病変でカテーテル治療が難渋すると判断された患者さんもご相談ください。

実績(手術/診療/検査)

検査・治療

検査・治療 2015年度 2016年度
心臓カテーテル検査(通常) 764 789
心臓カテーテル検査(緊急) 77 116
血管内超音波検査 389 389
冠動脈インターベンション(通常) 278 264
冠動脈インターベンション(緊急) 106 116
下肢動脈形成術 97 136
右心カテーテル検査 10
血管内光断層(OCT)撮影検査 40

特殊手技

特殊手技 2015年度 2016年度
冠動脈バルーン形成術(POBA) 29
冠動脈ステント留置術 352 355
高速回転式経皮経管アテレクトミー術
(Rotablator)
14 12
冠動脈内血栓吸引術 61 69
経皮的下肢動脈形成術 95
合計(併用を含む) 456 531
2015年度は、冠動脈インターベンション384件、下肢動脈インターベンション97件と共に増加傾向にあります。全国的に薬剤溶出性ステントによる再狭窄の減少からインターベンション施行数が減少している中、当院では増加傾向にあります。下肢動脈インターベンション増加により合併率の高い冠動脈狭窄が明らかになったこと、病診連携充実によるご紹介が増加したことが要因と考えております。3次救急を担い緊急症例が106件と多く、大動脈内バルーンパンピング(IABP)、経皮的心肺補助装置(PCPS)など高度医療を行うことにより超重症例を救命しております。高度石灰化病変に対し、使用基準の厳しいロータブレーターを使用することにより治療を成功させております。当院では心臓外科とカンファレンスすることにより最適な治療法を選択でき、救命救急科と連携し、術前術後の管理を厳重にすることにより重症例を救命しております。狭心症、心筋梗塞は、糖尿病、腎疾患など別領域の病気を合併することが多く、当院では速やかに他科と協力することにより多角的な治療が可能です。