医療関係の方へ

メニュー

第11回 東邦血管機能研究会のご案内

[こちらの内容は現在終了しています]
平成16年から始まりました当研究会もお蔭様で第11回目を迎えることとなりました。この研究会は、主に超音波検査のハンズオンを取り入れ、最新の情報を地域連携の先生方の診療に少しでもお役立ていただけるように企画しております。
今回も、これまで大変好評を得た頸動脈エコー、さらに今回は最近増加傾向にある下肢閉塞性動脈硬化症の診断に欠かせない、下肢動脈エコーのハンズオンも併せて予定しております。これから頚動脈や下肢動脈エコー検査を始めようと思っている方、最近始めたけれどきれいな画像が描出できない方、何をどのように診てどう所見を書いたらよいのかなど、実地臨床に基づいた描出法を中心とした各エコーハンズオンを予定しております。短い時間ではありますが、日常の診療に少しでもお役立ていただければ幸いです。また、講演の1部では、開業の先生方に役立つ睡眠時無呼吸症候群の当院における検査法、2部では、救急初期診療における超音波検査の役割について解説して頂く予定です。どうぞ、週末のお忙しい中、お時間の許す限り、皆様のご参加をお待ち申し上げております。
東邦血管機能研究会 代表 原田昌彦
日時 2009年7月11日 土曜日 16時00分から18時30分まで
場所 東邦大学医療センター大森病院臨床講堂5号館地下1階
大田区大森西6-11-1 ℡ 03-3762-4151(代)

プログラム

第1部

内容 頸動脈エコー・下肢動脈エコーハンズオン
ご希望の方は事前登録をお願いします。装置台数の都合上、先着30名とさせて頂きます。ご参加の方はお手数ですがFAXでご連絡いただければ幸いです。参加費は無料です。
機器展示・休憩(軽食)17:00~17:20

第2部

司会 東邦大学医療センター大森病院 臨床生理機能検査部
部長 原田昌彦 先生
講演1 「実地臨床に役立つ睡眠時無呼吸の診断法」
演者 東邦大学医療センター大森病院 臨床生理機能検査部
主任 杉山邦男 先生
講演2 「救急診療における超音波検査の役割
 :外傷初期診療ガイドライン(JATEC)に基づいて」
演者 東邦大学医療センター大森病院 救急救命センター
准教授 本多満 先生
*本講演会では,軽食をご用意させて頂いております

東芝メディカルシステムズ㈱、フィリップスメディカルシステムズ㈱、アロカ㈱、フクダ電子㈱の機器展示があります。

共催
東邦大学医療センター大森病院地域医療支援センター
ファイザー株式会社

お問い合わせ先

ファイザー株式会社   大田オフィス 秋田:03-4481-4028