病院のご案内

メニュー

前眼部3次元画像解析(前眼部OCT)を用いた検査

診療科:眼科

前眼部三次元画像解析

現在、眼科疾患を診断するためには、検眼鏡あるいは前眼部および眼底写真による検査が必須であるが、従来の検査法では、眼球表面上に現れている変化を観察することができるのみであり、その診断精度には限界があります。また、所見の判断は観察者の主観に左右される面もあり、その所見を広く第3者にも客観的情報として共有する手段が少ないのが実情です。前眼部3次元画像解析は、これまでの眼科的検査では行えなかった、角膜、隅角、虹彩などの断層面の観察や立体構造の数値的解析が行える唯一の方法であります。また、前眼部の光学的特性を不正乱視を含んで数値的解析ができる唯一の方法でもあります。本解析法には、干渉光と Scheimpflug像を用いて角膜等を断層的に観察する方法がありますが、いずれの方法も、装置にコンピューターが内蔵されており、取得データのファイリング、画像劣化のない半永久的保存、取得データの数値的解析などが行え、従来の眼科的検査では得られない情報の入手と情報管理が行えるのが特徴です。

適応疾患は

緑内障、角膜ジストロフィー、角膜白斑、角膜変性、角膜不正乱視、水疱性角膜症、円錐角膜若しくは水晶体疾患又は角膜移植術後である者に係るもの、となっています。

方法

外来検査機器の一部として既に稼働しています。東邦大学医療センター大森病院では、2010年より実施していますが、2011年3月先進医療の認定を受けました。

費用

一回5000円となっています。保険適用外です。

お問い合わせ

月、水曜日の外来を受診して頂き、担当医(堀)とご相談頂きます。すでに当院の眼科におかかりの方は、担当医にご相談ください。