病院のご案内

メニュー

病院沿革

東邦大学医療センター大森病院は、大正14年12月に帝国女子医学専門学校の付属病院として開院し、以来、東京城南地区医療の中核としての役割を担ってまいりました。
また、教育施設としての役割も持ち続けており、医学部学生等の実習が行われています。
「診療体制の強化」と「特定機能病院としての先進医療の実践」、そして「地域医療機関との連携」に積極的に取り組み、安全で質の高い医療を提供しています。
大正14年
(1925年)
帝国女子医学専門学校付属病院として開院 病院長額田晉
大正15年
(1926年)
付属看護婦養成所開校
昭和2年
(1927年)
病院旧3号館竣工
昭和20年
(1945年)
戦火により付属病院焼失
昭和22年
(1947年)
付属病院設置(同年廃止)
東邦医科大学付属病院開設 (病床数 120 床)
昭和31年
(1956年)
医学部付属准看護学校設置
昭和40年
(1965年)
医学部付属高等看護学校設置
昭和46年
(1971年)
名称を東邦大学医学部付属大森病院と改称
昭和48年
(1973年)
コンピュータシステム外来窓口即時処理全科導入
2 号館完成式及び披露宴
昭和53年
(1978年)
救命救急センター開設
昭和56年
(1981年)
周産期センター開設
救急外来 24 時間受入体制確立
昭和60年
(1985年)
高度先進医療を行う特定承認保険医療機関の認定
平成5年
(1993年)
特定機能病院に承認
平成7年
(1995年)
地域連携業務開始
平成8年
(1996年)
エイズ診療拠点病院
平成12年
(2000年)
安全管理対策委員会設置
クリティカルパス委員会設置
平成13年
(2001年)
オーダリングシステム開始
診療予約及びCT・MRIの検査予約開始
平成15年
(2003年)
診療科再編成臓器別診療体制へ移行
平成16年
(2004年)
新 3 号館竣工
電子カルテ導入(入院・外来)
平成17年
(2005年)
名称を東邦大学医療センター大森病院と改称
平成18年
(2006年)
日本病院評価 Ver.5 の評価認定
平成22年
(2010年)
東京都認定がん診療病院
平成23年
(2011年)
日本病院評価 Ver.6 の更新認定
平成24年
(2012年)
地域がん診療連携拠点病院
卒後臨床研修評価認定
平成25年
(2013年)
東京都小児がん診療病院
平成26年
(2014年)
がんセンター外来開設
平成27年
(2015年)
新7号館竣工
第2手術室運用開始
2号館病棟、外来耐震補強工事
平成28年
(2016年)
卒後臨床研修評価認定更新(認定期間4年)
日本医療機能評価機構 病院機能評価 3rdG:Ver1.1 (認定更新)受審
MYステーション(新たな入院窓口)開設